主婦がお金を借りるには?

お金を借りるには「継続安定した収入があること」が条件とされることがほとんどですが、主婦の方の場合は、配偶者の方に安定収入があることを条件に、お金を借りることができるケースも多いです。

在籍確認の電話などが、ご主人様のもとにかかることになります。また、パートをされていて、継続安定した収入があるなら、審査の上で有利になります。

お金を借りるのとは少し違いますが、クレジットカードを利用したい場合、以前なら「ご主人様のクレジットカードを主婦の方が使う」ということも、大目にみられてきた時代がありました。

ただ、家族カードを作って、主婦の方は家族カードを利用するほうが、トラブルがありませんので、特別な事情がない限りは、そのようにするといいですね。

改正貸金業法が施行されたため「年収の3分の1を超える借り入れ」が難しくなりました。

主婦の方がパートをされている場合でも、正社員として働くよりは、年収は低いことになってしまいます。

ただ、銀行の商品はこの規制の対象ではありませんので、銀行の審査に通過しさえすれば、主婦の方でも利用しやすい、という考えもあります。詳しくは、専門サイトを確認ください。

最近は女性でも利用しやすいローン、キャッシングも増えていますが、もしも「普段からお付き合いしている金融機関(信用金庫、地方銀行、農協など)」があるなら、そちらで主婦の方が利用できる商品を探すと、より安心ですね。

収入がないと、利用限度額が低く抑えられてしまうことはありますが、現実問題として「多額の借り入れをしたら、どうやって返すのか」ということがあります。はじめから借り入れができなければ、問題も起こりにくいともいえますね。

私たちは、生活費が足りなくなったとき「消費者金融から借り入れたいけれど、今後の返済が心配で、決断できない」という場合もあるでしょう。

実は、国が低金利でお金を貸してくれる「生活福祉資金貸付制度」があります。

低所得者、高齢者、障害者の方は、民間の金融機関からの借り入れが難しい場合もありますし、借りることができた場合でも、その後の返済がますます大変になります。

そういった方の生活の支えとなるとともに、在宅福祉や社会参加促進を図ることがこの制度の目的です。

貸付資金の種類は「総合支援資金」「福祉資金」「教育支援資金」「不動産担保型生活資金」の4種類があります。旧制度から改正が行われていますので、新しい情報にご注意下さい。

貸付の窓口は市区町村に設けられている「社会福祉協議会」です。申請書類などを提出すると、協議会側で申込内容の確認や審査が行われ、結果が通知されます。

貸付が受けられることが決まった場合には、都道府県社会福祉協議会に借用書を提出し、貸付金の交付を受けることになります。

国や地方自治体が行っている制度は、このほかにもあります。ただ、民間の金融機関とは違って、公的な制度というのは、派手な宣伝が打たれているわけではありません。

そのため「お金がなくて生活に困る」という状態になってから、公的な制度を知ろうと思っても、時間や知識、気力がないというケースも考えられます。できれば、生活が成り立っている間に、公的な制度についても調べて知っておくことが、必要ですね。

お金を借りるときと、事情が変わってしまい、約定どおりの返済が難しくなった場合には「まず、借り入れをしている金融機関に相談する」ことが大切です。

銀行や消費者金融などは、ホームページなどで「こちらにご相談下さい」という案内をしています。

間違っても「黙って返済しない」ことだけは避けましょう。延滞は、初めから「厳しい取立てが行われる」と言うことは少なく、まずは電話等で「お忘れではないでしょうか?」などの確認をしてもらえることも、多いようです。

この際も、初めのうちは消費者金融であることが、周囲の人にわからないように連絡をしてもらえます。

ただ、無断で延滞を繰り返すようになると、法的手段を取られるというケースもあります。

まず「返済が遅れそうな理由(病気、ケガ、リストラ、その他)」「数日経てば返済が可能なのか、長期間にわたり返済ができないのか」ということを話しましょう。

むやみに、ほかの金融機関で借り入れをして、目の前の返済日に間に合わせるのも、良いことではありません。借入件数の増加は良いことではありませんし、利息部分が増えていくだけですので、それこそ「雪だるま式に借金が増える」状態になります。

最近は「借金問題に詳しい弁護士、司法書士」などの先生もいますが、いきなり法律家に介入してもらうというのは「金融機関と対立する」という姿勢と受け取られかねません。

まずは金融機関との話し合いを持つことのほうが大事です。

債務の一本化をするメリットの一つは「毎月、何度もあった返済日を、1日に統一できる」ということです。

目の前の返済に追われて「ある会社からお金を借りる、そして別の会社に返す」という自転車操業を繰り返していると「どのくらいお金を借りていて、返済がいつ終わるのか」が見えなくなってしまいます。

結果的に、利息が利息を呼んで、借金が増えていってしまうことにもつながります。

いわゆる「おまとめローン」を利用して債務を一本化するためには、まず金融機関に相談するということになります。この時点で、精神的にもずいぶん落ち着くという人も多いです。

債務の一本化をすると「借入件数」が減ります。借入件数があまりにも多い人は、ローン審査に通過しにくいことがあるのですが、債務を一本化することで、そのデメリットを軽減することができます。

ただし、債務の一本化を考えなければならないということは「金銭管理に甘い点があった」ということです。「借りやすい環境になったから、またお金を借りる!」という考えは間違っています。

注意が必要なのは「債務整理を手伝います」という悪質業者もいる、ということです。

たとえば「多重債務者にも貸し付けてくれる業者を紹介する」と称して、高い手数料を取るという悪質な人がいたり、「専門家を紹介する」といっても実際はしない、といったケースがあります。

また、かつて「グレーゾーン金利」で借り入れをしていた人の中には、過払い金請求ができる人もいます。むやみに債務を一本化することで、過払い金請求の手続きが大変になってしまうケースもありますので、注意が必要です。

特に住宅ローンの分野で「借り換え」に興味を持つ人が増えています。

借り換えというのは、今お金を借りている利息よりも安い利息で利用できるローン商品に借り換えることで、利息部分を節約し、返済総額を抑えることができる、というメリットがあります。

ローンの借り換えは通常「今、借り入れているローンを一括返済する」「新たなローンを組む」という2つの流れがあり、2つの金融機関で平行して手続きを行うことになりますので、計画的に行動することが必要です。

ローンの借り換えは、労力と費用がかかりますので、できるなら「一生で何度も行わなくてすむようにする」のが良いでしょう。

「利息が安いローンに借り換えると、具体的にいくらの得をするのか」「借り換えにかかる費用はどのくらいなのか?」をきちんと検討して、メリットの大きい場合にのみ、借り換えをすると良いでしょう。

一つ注意が必要なのは「もとのローンを借りたときより、年齢が高くなっている」ということです。

住宅ローンなどで「団体信用生命保険に加入できること」が条件となっている場合、その間に健康を損ねているといった場合は、どうしても審査の上で不利になります。

また、ローンの借り換え前に転職や起業をしているという場合も、勤続年数があまりにも短いと、審査が厳しくなります。「ローンの審査に落ちた」という実績は、むやみに積み重ねないほうが良いので「ご自身の環境が変わっていないか」と改めて考えるのが良いでしょう。

お金を借りたら、利息をつけて返さなければならないのですが、利息を節約する方法の一つに「繰上返済」「随時返済」などの方法があります。

借り入れた元本を、少しでも早く返済してしまえば、その分、利息が節約できます。簡単に言えば「予定より早めに返済をする」方法なのですが「返済期間を短縮する方法」「その後の返済額を減らして、返済期間は据え置く方法」などがあります。

注意が必要なのは「繰上返済をしたことで、生活が破綻するようでは、意味がない」ということ。

繰上返済に使ったお金は、手元にある現金とは違って「自分の自由に使えるお金」ではなくなります。

生活費を取り崩してでも、早くに借りたお金を返してしまおうと焦りすぎると、生活がたちゆかなくなります。

残念ながら「早くに住宅ローンを返済しよう」と焦りすぎたばかりに、生活費が足りなくなり、結果的には住宅を手放せざるを得なかった、というケースもあります。

1年~1年半程度の生活費は手元に残し、余裕のある資金で繰上返済をしましょう。

また、お子さんの教育費がかかるタイミングや、介護費用が必要となるタイミングが予想されるなら、それより前に、繰上返済を行って将来の支出を減らしておくというのも、良い方法です。

逆に、教育費の負担がなくなり、お子さんが経済的に独立することが見込まれるなら、その時点まで待ってから、繰上返済を行うほうが安心です

。このように、お金を借りることと返すことは「生活設計全体を考える」ということが大切になるのです。

申し込みの当日に借りられる消費者金融

ネット環境さえあれば、申込を消費者金融で行えば当日入金の即日融資が実現可能(詳しくは・・・当日ローン)になる、ことがあります。あえてこんな言い回しを使うのは、必要な審査があるので、ちゃんとそれに通ったならば、融資が受けられるということについて伝えるための言い回しです。

かなり多い金融関連のウェブサイトの情報を、上手に活用することで、当日振込も可能な即日融資が可能な処理の速い消費者金融業者を、その場で簡単に詳しく調査して、見つけて選ぶことも、問題なくできるのです。

近頃利用者急増中のキャッシングを利用申込する方法は、一般的な窓口はもちろんのことファックスを利用したり郵送、ウェブサイトからなどいろんな種類があって、商品は一つでも様々な申込み方法から、希望のものを選択して申し込みをすることができるところも多いようです。

ご存知のとおり審査は、キャッシングならどれを受けたいときでも必ず行うべきものであり、融資をしてほしい方の情報などを、申込むキャッシング会社に伝える必要があります。提供された情報を使って、本人の審査を丁寧にしているのです。

急な出費に対応できる普及しているカードローンというのは、利用の仕方が間違えたままでいると、返済することが難しい多重債務を生む誘因にもなりかねません。やっぱりローンは、借金であることに間違いないので、そのことを勘違いしないようにするべきです。

大概のカードローン会社だと、不安がある融資希望者向けのフリーコール(通話料はもちろん無料)を準備しております。キャッシングについての質問の時は、現在(場合によっては過去も)のあなたの状況などについて忘れないように伝えるようにしてください。

最も重要とされている融資の審査項目は、やはり個人の信用情報です。今までに各種ローンの返済の、遅れがあったり滞納、自己破産した方については、今回は即日融資を実行するのはできません。

会社それぞれで、当日の指定時刻までに融資の申し込みが完了のときだけ、なんてことが条件として提示されているのです。スピード重視で即日融資が必要なときは、特に申し込みの受付時間についても必ず調べておいてください。

実はキャッシング会社における、審査を行う場合の物差しは、キャッシング会社の規定で厳しさに多少の差があります。大手銀行子会社やそのグループの場合はパスさせてもらいにくく、信販会社が母体のもの、デパートなどの流通系の会社、一番最後が消費者金融系の会社の順に条件が緩和されていくのです。

キャッシング会社などが対象の貸金業法では、提出する申込書の記入方法も隅々までルールがあり、たとえキャッシング会社であっても申込書を本人に代わって加筆訂正することは、禁止とはっきりと法律に書かれています。なので、もし訂正が必要なケースでは、誤りの部分を二重線で見え消しにしてはっきりと訂正印を押印しないと受け付けてもらえません。

今では以前と違って、非常に多くのキャッシングローン会社を見かけます。一度は見たことがあるCMをやっている有名どころといわれている消費者金融の会社だったらブランドになじみがあり、不安な気持ちにならずに、新規申込みが行えるのでは?

複数の会社でやっている一定期間(最大30日間)の、利息が0円の無利息キャッシングを使えば、ローンを組んだ金融機関に支払うことになる金額の合計が、絶対に無利息期間分少なくなるので、かなりうれしいサービスです。そのうえ、事前に行われる審査の項目については、厳しくなったり高くなったりということもないから安心です。

限度日数まで無利息サービスしてくれる、業者の即日キャッシングを徹底的に調査してから利用していただくと、金利がどれくらいだなんてことに振り回されずに、キャッシングをしてもらえるので、すごく便利にキャッシングが可能になる個人に最適な借入商品なので人気があるのです。

とてもありがたい無利息OKのキャッシングを利用していただく場合は、30日以内に、返済することができなかったとしても、普通に借り入れて利息の発生する条件で借りるよりも、支払わなければいけない利息が少なく抑えられるわけですから、利用者にとって有利な制度です。

ものすごく前の時代だったら、キャッシングを申し込んだときの審査が、今とは異なり相当緩やかだった年代も確実にあったのですが、この頃では当時の基準よりもずっと高度になって、審査の結果を出す際には、申込者に関する信用調査が完璧にやっているということです。

 

長く続けられる職場で長く働く。

私は事務職の会社員です。営業さんのサポートが仕事です。この職種を選んだ理由は、どうしてもこの業種がいいとかではありませんでした。私は一人暮らしのため、自分が生きる分は自分で稼がなければいけません。以前は契約社員などで職を転々としていました。そのため、契約更新などの心配や、大変な就職活動などが嫌になり、なんとか正社員になって長く働きたいと思っていました。私は特に資格もなく、専門的なことはできないため、事務ぐらいしかできることはありませんでした。そういう人は多く、事務職の正社員での求人も少なく、就職活動は大変でした。30歳を過ぎると途端に求人も減ります。その最後の年だったのでとても焦っていました。その中で就職できたのが今の職場です。今の職場は自宅にも近くて通いやすい場所だったのと、正社員での募集だったので求人を見てすぐに応募しました。
長く続けようと思ったら、通勤のことも大切だと思います。

仕事内容は主に営業所の留守番です。電話・来客応対のために、営業さんが外回りに出ている中、1人で事務所にいます。その間に事務作業をします。
仕事内容を時間ごとに詳しく説明します。
・朝8:30までに出社してトイレ掃除・ゴミ集めをします。
・営業さんが出ていく前に、前日の集金分のお金を合わせます。営業さんが得意先に持っていくものの準備をします。
・営業さんが出て行ってからは、前日の日報のチェックとパソコンに入力作業をします。
・一日に何回か荷物が届くので、それを受け取り、担当の営業さんごとに分けます。
・そのほか空いている時間は事務所内の備品の補充・発注業務などをしています。

月の終わりごろは得意先に請求書を送らなければいけないので忙しくなります。
伝票を整理したり、合計と請求が合っているか確認します。そして封づめをして郵送の手配をします。
その頃だけは忙しいですが、そのほかの日は余裕があります。残業もないので比較的楽な職場だと思います。

長く続けられそうなところが見つかってよかったと思っています。